レーザー治療の効果について

刺青除去で特に一般的な方法がレーザー治療。
ではレーザー治療はどのくらいの効果があるのでしょうか?
刺青によって効果が違う
レーザー治療の手軽さは置いといて、効果だけの話をしましょう。
まず効果だけで言えば、彫りが浅く黒色や青色の刺青なら大変効果的です。
例えば縦横1センチで黒色の刺青なら、かなりの効果を期待出来ます。
しかし彫りが深かったり、赤や黄色などの明るい色を使っていると効果が薄くなります。
彫りもそうですが、どちらかと言うと色によって効果に違いが起きやすいです。
そして刺青を完全に消す確実性なら、レーザー治療よりも切除法だと言われています。
皮膚へのダメージは?
切除法などと違ってメスを入れないので、傷痕などは出来ません。
pjtyytd
しかし、レーザー治療は肌を焼いているようなものですから、リスクも当然付きまといます。
人によってはケロイドなどのトラブルが起きる可能性もゼロではない、という事は覚えておきましょう。
とは言え、メスを入れたような傷は出来ないので、その点はメリットと言えるはずです。
また、レーザー治療も治療後のケアは大変重要になりますので覚えておきましょう。
黒色や青色の刺青に最適
レーザー治療はカラフルな刺青は除去しにくいです。
除去したとしても、満足いくほど綺麗には消せない可能性が高いでしょう。
だから彫りが浅く、黒や青の刺青に一番向いていると言えます。
もしカラフルな刺青なら、切除法を選んだ方が確実性は上です。
そしてレーザー治療は複数回やる必要があるので、それなりに長期的な治療をする事になるでしょう。
レーザー治療の回数は複数回かかる事がほとんどです。
しかし、レーザー治療は一回で終わると思っている人が居るのも事実。
今回は改めて、レーザー治療の回数について学んでみましょう。
レーザー治療は長期間に複数回が基本
さて、刺青除去の回数というのはその刺青によって異なります。
切開法などは刺青が小さければ一回で終わる事もあるでしょう。
しかしレーザー治療は、小さい刺青でも複数回行うケースが多いです。
語弊のある言い方かもしれませんが、メスを入れる手術は無理して複数回分ける必要はありません。
でもレーザー治療は肌を焼く訳ですから、一度で済ませるより複数回でやった方が肌に優しいのです。
だから「余裕を持って」複数回に分ける事が多いのです。
基本は二、三回必要になる
大きな刺青になればなるほど、治療回数は増えます。
しかし、そもそも刺青が大きい場合は他の治療方法を選ぶケースが多いです。
従ってレーザー治療を選択する人というのは、そもそも小さい刺青のケースがほとんどです。
だから実際にレーザー治療をするなら、二回か三回が一般的な回数になるでしょう。
もし回数が多くなるほどに大きい刺青なら、切除法などを選んだ方が安く短く治療出来ます。
刺青を入れて後悔している方いらっしゃいますか?刺青除去で元の綺麗な肌に戻しましょう。あなたのお悩み解決します。
刺青の大きさで判断しよう
レーザー治療は簡単な治療方法ですが、やっぱり回数は抑えたいところ。
もし回数が多くなりそうなら、他の方法にした方が少ない回数で終るパターンもある訳です。
だからレーザー治療は、基本的に小さい刺青の方がその手軽さが活きる、という事になります。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報