関節痛は予防できます

関節痛は予防することができるのか?どんなことに気を付ければ良いのか? - 関節痛は予防できます

関節痛は予防できます

関節痛は予防できます。忙しいから、年だから、変な言い訳をしなければいつからでも可能です。正しい治療法を知るのと同様に、正しい予防法も身に着けましょう。関節痛の有無で、残りの人生は大違いです。

体操をしましょう

健康な間から適度な運動をして関節の柔軟性を保ちましょう。とはいえ無理は禁物です。年齢に応じた体操をしましょう。おすすめなのはラジオ体操です。真面目にやると意外なほど辛いですが、全身運動になるので関節にも良いですよ。

まだ若い!過信してはいけません。身体は確実に老いていきます。昨今の生活では運動不足になりがちです。そこで過度な運動をすると、それが逆に筋肉痛や関節痛を招くこともあります。

1日30分程度の散歩でも十分です。速足で歩く必要もありません。関節を含めた筋肉を動かすことが重要だからです。できれば毎日やりたいですね。仕事がある人でも一駅余分に歩く、階段を使う、それだけでもOKです。

姿勢を正しましょう

関節痛の原因として猫背などの悪い姿勢があります。特に最近はスマホやパソコン、子供でもゲームなど下を向く時間が長くなっています。これは首や背骨に過大な負担を強いることになります。意識して姿勢を正しましょう。

もちろん仕事なら仕方ないかもしれませんが、1時間に10分程度休憩し、その間にストレッチをしましょう。ここでも無理をせず、ゆっくりと息を吐きながら身体を曲げていきましょう。普段使わない関節も動かしておきましょう。

立ち仕事、座り仕事、どちらも同じ姿勢を続けてはいけません。腰痛や肩こりがある人は、膝の関節痛予備軍です。一箇所に負荷がかかれば、それをかばうために別の場所へ体重をかけるリスクがあるからです。

食事のバランスを考えましょう

アスリートは激しいトレーニングをする一方で食事の管理も徹底しています。リオオリンピックでメダルを獲れた理由は、栄養マネージメントにあったとか。プロテインのみならずミネラルやビタミンも必須です。

これは一般の人でも同じことです。偏った食生活をしていませんか。特に肥満は膝関節に多大な負担を強いることになります。また生活習慣病になると代謝が滞って関節の筋力や血行が滞りがちです。栄養バランスを常に考えましょう。

逆に絶食系のダイエットも危険です。最近は若い女性に骨粗鬆症のリスクが増えています。若者の疲労骨折も珍しくないようです。骨を丈夫にしておかないと、いつ関節痛に襲われるか、わかりませんよ。

怪我をしないように気を付けよう

関節を直接怪我したら関節痛になるのは当たり前です。しかし怪我をした部位をかばって生活すると、他の関節に負担をかけ、そこで炎症や痛みを発することも珍しくありません。

傷口から入った雑菌類、風邪や虫歯の病原菌が関節に溜まって炎症を起こす事例もあります。関係なさそうですが、免疫力を高めておくことも関節痛の予防につながっていそうです。

重い荷物を持ったり、頬杖を突いたり、何気ない行動が関節を傷めている可能性も否めません。肩こりや腰痛も生活習慣に起因しています。身体全体のバランスにも気を付けましょう。

前兆を見逃してはいけません

gaeg関節痛は突然来るような気もしますが、前触れが必ずあるようです。四十肩などがあれば注意しましょう。無理に動かしてもいけませんが、少しずつゆっくりと関節を解していきましょう。

手足のしびれも予兆として重要です。血行が滞っている証拠です。もちろん脳梗塞や関節リウマチなども疑うべきですが、続くようであれば、専門医と相談しましょう。

ポキポキ指や背骨を鳴らしている人もいますが、こちらも気をつけたいですね。多くの場合は問題ありませんが、引っかかる感触があったり腫れなどの違和感があれば、早めに検査してもらいましょう。

関節痛は予防できます

予防するのは一時の辛さ、しかし関節痛になったら一生の辛さです。どちらを選びますか。とはいえ当たり前のことを当たり前にやればよいだけです。難しく考えなければ関節痛は予防できますよ。
■関連サイト:サプリで関節痛にさよなら!